ト・プローヴァト

toprobato.exblog.jp
ブログトップ

信州のたてもの

a0123724_12301144.jpg

a0123724_12301336.jpg

a0123724_1230149.jpg

a0123724_12361199.jpg

農家の建ち並ぶ集落へ行くと、屋根に面白い形が見られます。
“雀おどり”とか“カラス嚇し”と言われているそうです。

a0123724_12361323.jpg

a0123724_12441575.jpg

a0123724_12441793.jpg

a0123724_12441878.jpg

“空飛ぶ泥舟”、“高過庵”と名付けられた建物は、茅野市出身の建築家藤森照信さんの作品。
どちらも茶室です。
承諾いただいて、式の日に撮影させていただきました。
10月には同じ敷地内に、地下の茶室“低過庵”が完成する予定でとても楽しみです。

藤森さんの建物は、大分のラムネ温泉、滋賀のたねや、多治見のモザイクタイルミュージアム、などなどお勧めしたいスポットがたくさんあります。
間近に伝わる超自然、素敵なタイムスリップ!!



[PR]
# by toprobato | 2017-06-22 12:30 | いとなみ | Comments(0)

日本のかみさま 2

a0123724_11144087.jpg

ボンヤリ

a0123724_11144237.jpg

ウントコ

a0123724_11174769.jpg

ヨイショ

a0123724_11174921.jpg

ヨイショ

a0123724_11175023.jpg

a0123724_11475498.jpg

a0123724_11475564.jpg

支えたり
風を運んだり

a0123724_11532634.jpg

コッソリいたり

a0123724_11532840.jpg


いろいろ神様
いるね神様
そこここに


[PR]
# by toprobato | 2017-06-22 11:14 | しぜん | Comments(0)

日本のかみさま

a0123724_1133851.jpg

a0123724_1133987.jpg

a0123724_1134083.jpg

道祖神、馬頭観音…

a0123724_118862.jpg

a0123724_118934.jpg

a0123724_11105855.jpg

a0123724_1111080.jpg

道端にいろいろ神様
日々の中に神様


[PR]
# by toprobato | 2017-06-22 11:03 | しぜん | Comments(0)

ビタミンとエメラルド

a0123724_1624436.jpg

ルバーブにやっと出会えました。
岡山にいる時はなかなかお目にかかれなかったので、ここぞとばかりに畑に植えたり、直売所で買ってきてジャムにしたりしています。

茎をざくざく切って、水を入れず砂糖とともに加熱しているとすぐにドロドロに溶けてきて、元の色より鮮やかな赤色に発色してきたので魔法のように楽しめました。

酸っぱいのでビタミンCが主な栄養かなと調べると、カリウムやカルシウム、食物繊維、、いろんないいところがあることが分かり、ルバーブともっとお付き合いしたくなってきています。


a0123724_162448.jpg

a0123724_1624517.jpg

a0123724_1641717.jpg

a0123724_1641884.jpg

a0123724_1641962.jpg

長野県信濃美術館と豊田市美術館へ東山魁夷さんの展覧会へ行ってきました。
東山さんの屏風絵を観賞したのは初めてでとても貴重な体験でした。

構想を練るために、冬の日本海など日本全国の土地を取材スケッチ旅していたことも分かり、厳しい旅を乗り越え失明しながら日本へ渡って来た鑑真和尚、仏教を広く伝えるために生きた彼の魂を深くいたわるような心を感じました。

そういったことを知らずに観賞するだけでも、森林浴できたり、どこか自然の中にたたずんで一人にさせてくれるのが、東山さんのリアルでも幻想でもない不思議な力のように感じました。

エメラルドの森に湖が面していて、白い馬がもう一頭映っている彼の有名な絵は、モデルになった湖があるようです。
近そうなので今度行ってみようと思っています。



[PR]
# by toprobato | 2017-06-11 16:02 | 今日のコレ! | Comments(0)

ビーナスたち

a0123724_1558888.jpg

a0123724_1558841.jpg

a0123724_1558981.jpg

a0123724_160314.jpg

ここ茅野市では、国宝の土偶が2体出土されています。
先週、“縄文のビーナス”と“仮面の女神”を展示している尖石縄文考古館へ行ってきました。

“縄文のビーナス”は、初めて国宝に指定された土偶です。
思っていたほど大きくはなく、手に持ってなでなでしたくなるかわいらしさと、お尻にかけての曲線の美しさと、出土された時の横たわり具合がひょっこり顔をこちらに向けていて、なんともいえないおとぼけ宇宙感がありました。

“仮面の女神”は、シャーマンのお墓だとされる場所から発掘されました。
ポッコリとしたボタンのようなおへその周りをグルグル描く模様にまず目を奪われます。
ポチリと円い鼻が突き出た逆三角の仮面にどっしりと太い足、このバランス感覚はいつまで見ていても見飽きないほどです。

この2体の部屋以外にもたくさん土器が展示されている部屋があり、土偶だけでなく土器の形や模様を見ながらずーっといてずーっと眺めていられる空間に、不思議な縄文の力を感じました。

外には森の中に復元されたお家もあって、考古館が建てられた場所にも魅力を感じます。

a0123724_160497.jpg

a0123724_160570.jpg

a0123724_161983.jpg

a0123724_1611176.jpg

いろんな種類の苔が生えている屋根や暗い部屋の中をのぞき込むと、あの生と死を祀るシャーマンの時代にタイムスリップした感覚になりました。

サクランボはこれから大きくなりそうです。

エゾハルゼミが、高原の風とともに響きわたっていました。



[PR]
# by toprobato | 2017-06-11 15:58 | いとなみ | Comments(0)