ト・プローヴァト

toprobato.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:いとなみ( 40 )

信州のたてもの

a0123724_12301144.jpg

a0123724_12301336.jpg

a0123724_1230149.jpg

a0123724_12361199.jpg

農家の建ち並ぶ集落へ行くと、屋根に面白い形が見られます。
“雀おどり”とか“カラス嚇し”と言われているそうです。

a0123724_12361323.jpg

a0123724_12441575.jpg

a0123724_12441793.jpg

a0123724_12441878.jpg

“空飛ぶ泥舟”、“高過庵”と名付けられた建物は、茅野市出身の建築家藤森照信さんの作品。
どちらも茶室です。
承諾いただいて、式の日に撮影させていただきました。
10月には同じ敷地内に、地下の茶室“低過庵”が完成する予定でとても楽しみです。

藤森さんの建物は、大分のラムネ温泉、滋賀のたねや、多治見のモザイクタイルミュージアム、などなどお勧めしたいスポットがたくさんあります。
間近に伝わる超自然、素敵なタイムスリップ!!



[PR]
by toprobato | 2017-06-22 12:30 | いとなみ | Comments(0)

ビーナスたち

a0123724_1558888.jpg

a0123724_1558841.jpg

a0123724_1558981.jpg

a0123724_160314.jpg

ここ茅野市では、国宝の土偶が2体出土されています。
先週、“縄文のビーナス”と“仮面の女神”を展示している尖石縄文考古館へ行ってきました。

“縄文のビーナス”は、初めて国宝に指定された土偶です。
思っていたほど大きくはなく、手に持ってなでなでしたくなるかわいらしさと、お尻にかけての曲線の美しさと、出土された時の横たわり具合がひょっこり顔をこちらに向けていて、なんともいえないおとぼけ宇宙感がありました。

“仮面の女神”は、シャーマンのお墓だとされる場所から発掘されました。
ポッコリとしたボタンのようなおへその周りをグルグル描く模様にまず目を奪われます。
ポチリと円い鼻が突き出た逆三角の仮面にどっしりと太い足、このバランス感覚はいつまで見ていても見飽きないほどです。

この2体の部屋以外にもたくさん土器が展示されている部屋があり、土偶だけでなく土器の形や模様を見ながらずーっといてずーっと眺めていられる空間に、不思議な縄文の力を感じました。

外には森の中に復元されたお家もあって、考古館が建てられた場所にも魅力を感じます。

a0123724_160497.jpg

a0123724_160570.jpg

a0123724_161983.jpg

a0123724_1611176.jpg

いろんな種類の苔が生えている屋根や暗い部屋の中をのぞき込むと、あの生と死を祀るシャーマンの時代にタイムスリップした感覚になりました。

サクランボはこれから大きくなりそうです。

エゾハルゼミが、高原の風とともに響きわたっていました。



[PR]
by toprobato | 2017-06-11 15:58 | いとなみ | Comments(0)

いろんな儀式

a0123724_1554989.jpg

a0123724_1556214.jpg

a0123724_1556368.jpg

a0123724_1556483.jpg


先日6/10に、諏訪大社(本宮)にて結婚の儀式を上げさせていただきました。
新しい生活は始まっていましたが、家族に対する思いも改められるようで、それがどんなにありがたいことか、今までとこれからの出会いや学びがどんなに尊いことか…感じることのできる思い出深い日となりました。


諏訪大社は上社(前宮と本宮)、下社(春宮と秋宮)があるということ、引っ越してからここ一ヶ月のうちに位置関係も分かるようになってきたので、時間のある時に本宮以外の場所にもお参りに行きました。

式前お参りをしながら、その場の空気や自然に挨拶。
木造建築から覗くキラキラした木漏れ日と涼やかな春蝉の声。。


社に立つとなおさらかもしれませんが、この今にしかない大地と空の共有をさせてもらうという個人的な儀式は、いつだってどこだってこの先も続いていくようです。



[PR]
by toprobato | 2017-06-11 15:54 | いとなみ | Comments(0)

庭づくり

a0123724_21174516.jpg

a0123724_21174689.jpg

a0123724_21174766.jpg

a0123724_2131475.jpg

少しずつ、家のまわりのスペースや土のあるところを変えていってます。
根の張ったスギナや石がゴロゴロのところを小さいスコップで耕していると、隣のおばちゃんが鍬を貸してくれました。

ベテランおばちゃんの庭は、季節の野菜や花が溢れんばかりの様子でいつも目を楽しませてくれます。

引っ越してすぐに私もこんな風に自己流家庭菜園やミニガーデンをやってみたい!とウズウズしながら、ホームセンターを見つけてはじわじわ私なりの庭づくりがスタートしています~!


a0123724_213151.jpg

a0123724_2131628.jpg

去年実家で採れた房スグリの実


[PR]
by toprobato | 2017-05-26 21:17 | いとなみ | Comments(0)

寒天ワーク

a0123724_21131097.jpg

a0123724_21131182.jpg

a0123724_21131247.jpg

a0123724_21112267.jpg

こちらには、寒天を使った郷土料理があります。

偶然、餡子屋さんで餡子と寒天を見つけ、水羊羹もどきを作ったところにワークショップがあることを知り、ベストタイミングに参加してきました。
地元の方や天草を干して寒天を作る風景や寒天料理に魅せられ町を活性化させたい方々からいろんなお話を伺うことができました。
給食に金平糖入りの寒天が出ていたことを聞いて、銀のカップに給食のおばちゃんが一つ一つ流し入れているところを想像して、なんと大変で可愛らしげな光景かと思いました。

卵の寒天、ポテトサラダの寒天、干し椎茸の寒天、、
甘いのだけじゃなくイロイロ見た目でも楽しませてくれる寒天

私も新作を作ってみたいです。





[PR]
by toprobato | 2017-05-26 21:13 | いとなみ | Comments(0)

お諏訪さま 2

a0123724_12253894.jpg

a0123724_12253973.jpg

a0123724_12253943.jpg

a0123724_12272038.jpg

a0123724_12271826.jpg

ここに初めて来たのに、ここで生まれ育ったような気持ちになってしまった。
ルーマニアでもそんな感覚になった場所がある。

私の命の原風景
そんなポイントも貯めていこう



[PR]
by toprobato | 2017-05-21 12:25 | いとなみ | Comments(0)

お諏訪さま

a0123724_12215579.jpg

a0123724_12215677.jpg

a0123724_12215793.jpg

a0123724_12234127.jpg

a0123724_12234243.jpg

a0123724_12234315.jpg

a0123724_12272089.jpg

引っ越してきて貯めているポイントがある。

移動中見る景色、いたるところに御柱が立っているので、無意識のうちに探すようになってしまった。
神社にも、散歩途中の祠にも、市役所の屋上にも…
森中をドーンと、可愛らしくこじんまりと、意外な高い所にも、、四方を囲みたたずんでいるその姿はいつだって白く真っ直ぐ空に向かっている。

空と大地に向かわせてくれる柱
ずっと長いこと人の営みの中で支え続けてきてくれた柱

これから何本見つけられるかな。。


[PR]
by toprobato | 2017-05-21 12:21 | いとなみ | Comments(0)

桜参り


a0123724_22183067.jpg

a0123724_22191210.jpg

a0123724_22191329.jpg

a0123724_22195297.jpg

a0123724_22195357.jpg

自転車でご近所散策をしていて、花見やピクニックに良いスポットを発見♪
こちら茅野は風が強い日が多いので服が一枚多め。
山から雪解け水がじゃんじゃん流れていて心地よい。

芽吹く春
散りゆく春
全ての巡りに
全ての命に
おめでとう!

a0123724_22195463.jpg

a0123724_22203172.jpg

a0123724_22203234.jpg

a0123724_22203353.jpg

高遠の方は、淡々ピンクの絨毯でした。

新居から車で少し走らせるとずんずん標高が高くなっていきます。
この間、聖光寺に様子を見に行くとまだ蕾でした。
じゅんぐりじゅんぐりに咲いてくれて楽しみが増えていくようで嬉しい。
ありがとう桜。



[PR]
by toprobato | 2017-05-07 22:18 | いとなみ | Comments(0)

モザイクのぬくもり 2


a0123724_22172054.jpg

a0123724_22172155.jpg

a0123724_22182730.jpg

a0123724_22182887.jpg

a0123724_22183099.jpg

モザイクタイルミュージアムに、昭和のタイル好きなの詰めて購入できるコーナーがあったのでさっそく連れて帰ってオリジナル画びょう作りをしました。

玄関に、これから行きたい展示や催しを貼っておくのにバッチリ!!


[PR]
by toprobato | 2017-05-07 22:17 | いとなみ | Comments(0)

モザイクのぬくもり

a0123724_2210432.jpg

a0123724_22104493.jpg

a0123724_22104546.jpg

a0123724_2210469.jpg

a0123724_22171810.jpg

a0123724_22171932.jpg

高校生の美術の時間で、空間インテリアを自由に描く授業がありました。

真っ先にタイルを壁に貼りたいと思いました。
それから何か参考になりそうなファッションやインテリアの本を探りました。
なかなかアーティスティックすぎて住み心地はどうなのか?だけどそのエネルギーの方が勝ってて圧倒されるようなインテリア雑誌を見つけ、ちょいちょい次の号が出るたびに見ずにはおれなくなったのも、進路を選択するのも、こんな授業を受けていたことや周りの環境がきっかけだったようです。
学校の行き帰り、道端で流し台の破片を拾って集めたり、家のお風呂の床もいつの頃かまではタイルでした。

多治見のモザイクタイルミュージアムにも古い流し台や便器までもがたくさん並んでいて、なんとも職人さんの遊び心と一つ一つ貼り合わせていく手の温もりを感じずにはいられませんでした。

先月後半、岡山から多治見を経由して、茅野へ。

愛車を連れてきて10日以上も経つと、スーパーやホームセンターの場所や距離感が分かるようになってきて、岡山と変わらないもの、じもってぃな雰囲気のもの、、いろいろ観察中です。

ウドやタラの芽、コシアブラっていう山菜が旬みたいです!


[PR]
by toprobato | 2017-05-07 22:10 | いとなみ | Comments(0)