ト・プローヴァト

toprobato.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:他の方のさくひん( 11 )

石、そして…

a0123724_22564836.jpg

a0123724_22564972.jpg

a0123724_22565070.jpg

寒くなったら大活躍しそうなミトンはtone.作です。

毛糸玉みたいな模様にキュン♪

2人のニット展を長くしてきて、去年からは他のジャンルの作家さんとも関わり混じり、イベントするようになってきました。

今年もグループ展を予定しています。。。


[PR]
by toprobato | 2016-10-20 22:56 | 他の方のさくひん | Comments(0)

旅のお土産帖

a0123724_14454330.jpg

・ガラス工房 橙 さんのピッチャー
透き通ったグリーンに惹かれて連れて帰りました。
地元名産のクルミの殻を灰にしたものを原料としているみたいです。(ノキロアートネット 信州上田店)

a0123724_14454371.jpg

・上田紬のがまぐち
真田幸村の父昌幸が真田織りを広めたことをルーツにしているようです。
ツヤツヤした心地にうっとり。。(別所温泉)

a0123724_1445446.jpg

・ヒマラヤ杉の松ぼっくり
真っ白な地面にいっぱい落ちていました。
シダーローズ=木彫りのバラとも言われるそうです。(あがたの森)

a0123724_14454443.jpg

・柚木沙弥郎さんのポストカード
90歳を超えてまだまだ現役活動中の沙弥郎さん。
大好きです。(ちきりや工芸店)

a0123724_14454495.jpg




[PR]
by toprobato | 2016-01-23 14:45 | 他の方のさくひん | Comments(0)

Ushimado Craft Sanpo

a0123724_22464458.jpg

a0123724_22560782.jpg

a0123724_22572267.jpg

a0123724_22581480.jpg

牛島クラフト散歩へ。
海辺の小さな港町がなんだかこの日ばかりは違った雰囲気でお出迎えです。

今では閉まっている何かのお店、タバコ屋、病院、古い古い建物、大きい家、小さい家、、、

看板を見つけてはオリエンテーリングのように楽しみました。

玄関から土間にそのまま展示されているところや、上がり口から靴を脱いで座敷へ、2階へと上がったり、まるで作家さんのお宅訪問するようなタイプのクラフトイベントでした。

ディスプレイされている作品とともに、窓から眺められるオーシャンビューがとても気持ちよかったりして、おめかしされた建物たちがそのまんまの古いまんまで息を吹き返しているかのようでした。

普段通っても見つけられなかったかもしれない細い路地にも紛れ込んでみたくなったりして、なんだか港町の味わいが染み込んできます。
お天気もよく清々しい日和に、お散歩できてなによりでした♪

a0123724_2226317.jpg

a0123724_2226427.jpg

a0123724_222644.jpg

a0123724_2226458.jpg

a0123724_2226519.jpg

a0123724_2226584.jpg

[PR]
by toprobato | 2015-04-18 22:26 | 他の方のさくひん | Comments(0)

羊の日

a0123724_19552467.jpg

a0123724_19552438.jpg

a0123724_19552472.jpg

a0123724_20024466.jpg

a0123724_19552482.jpg

a0123724_19552499.jpg

a0123724_19574574.jpg

a0123724_19552480.jpg

今日は、羊+羊+羊の日。。

羊を数えつくして回っていました。


ボン・ヴォイージでの『2014 wool story 3』
小郷峰子さん、加門純子さん、藤山啓子さんによる作品展はまさに羊づくし♪

糸やストール、小さなバッグ、羊ブローチ、羊の鏡餅などなど…を見せていただくうち羊の年に向かっている気分がムクムク…ムクムク…と高まっていきました。


2軒目は、ギャラリー陶佳さんでの12名の作家さんによる『おメェ〜でとう展』

こちらも羊づくしでした!!

羊が1匹…羊が2匹…羊が…

羊たちも、年女のお喜びを迎える私も、眠る気なし( ウソ!)で来年を待ちわびてます!!
[PR]
by toprobato | 2014-12-08 19:55 | 他の方のさくひん | Comments(0)

幹さんの技ふたたび

a0123724_13264058.jpg

a0123724_13264113.jpg

夏に子供服を見せてもらってその技術と色彩感覚、ボタンの合わせ方などにため息がもれたこともれたこと…

いつもです。
幹さんに合うたび、作品の繊細からほぉ〜〜となり、色から湧きあがる循環をいただき、私の倍くらい生きてる彼女のアドバイスに(ごもっともです)と頷くとともに嬉しくなるのは。

本当にいつものことです。

2年に一度のセーター展最終日にギリギリ間に合うことができ、お話を伺ううち…さあて私も!となるのは感謝でしかありません。
[PR]
by toprobato | 2014-12-08 13:26 | 他の方のさくひん | Comments(0)

色…即是空

a0123724_5393548.jpg

秋めいてますね。

今年も季節が巡ってまいりました。

羊はのそのそと個展準備にいそしんでいます。


追い込みの合間、DM配りに出掛けるのはすごく気分転換に良いです。

写真は、ギャラリー幹さんの作品です♪

いつもこの時期に訪ねては、お互いの制作具合についてだったりなんだったりを話していい刺激をいただいてます。
幹さんは、製図をデザインしてからオリジナル模様のセーターを編んで2年に一度作品展をされます。

模様は編み図に沿って進めますが、色は感覚で選んでいるようなので、ほぼイメージも何もない状態から、ただ色を楽しむように作る私のような変なタイプの人間の気持ちも分かってもらえるようで、幹さんと話してるとちょっとホッとしてウキウキしてきます♪



私はなぜだかいつも色に反応して生きていて…

テーマとまではいわないけれど
私の今の色はこれなんだな
とフッと道を歩いている時、見つけたドラム缶のペンキの色
町中で発見した鮮やかな色
手芸店で急に魅かれた布の色
なんかにグッと近づいてみたくなる時があります

落ち着く感じや冴える感じがして気持ちがいいのでしょう

たまに身に付けてみたいという気持ちにもなって
アクセサリーや服を自分で作ってみては特別気分を味わうこともあったりします

最近は今まで感じとってきた
一色一色が混ざってきたように思えてきて不思議

そもそも私の目を通した感覚は
自然のグラデーションやコントラストからある一色に注目するようになっていったのかもしれません

自然に習い自然に還っていくのが自然だったりして!?

糸を扱うようになって
モシャモシャと遊んでいるうちに
一本から二本…三本…四本…
と次々色々な色や素材を混ぜ合わせ
編んでみたり、織ってみたり

染めた羊毛をどんどん好きなだけ混ぜ合わせ
一本の糸の中に何色も入り込むように紡いでみたり

ただただそれだけに没頭
融通無碍
色即是空 空即是色

この無限のミラクルは
どこまでも どこまでも
続くようなのです

あの日、あの時感じとった色は
どこかでまた紡ぎ、編み出され
織り込まれてゆくようで

いつまでもいつまでも
空の向こうのあちら側まで
繋がっているようなのです

いつかあちら側でたずねられたら
色というもんが
なんとも面白かったよと答えるつもりです
[PR]
by toprobato | 2014-09-13 05:39 | 他の方のさくひん | Comments(0)

旅の途中に…


旅の余韻を楽しみながら、旅の途中に出会った人やモノたちを少しだけ紹介させて下さい

a0123724_15372332.jpg

“Arts&craft 静岡”でお隣さんになり、話しているうちに“川口暮らふと”も一緒だった!というご縁のアドゥミさんの布

デザイン担当を彼女がし、伝統技法である木版プリントを(木版を彫る人、布にインクを付け押す人、裁断して縫製する人…)たくさんのインドの方々が担当し、みんなの手が集まり作られる布は、一枚一枚インクのにじみや濃さが違って親しみやすさと温もりが感じられます


a0123724_15372316.jpg

素敵なパンフレットをいただいたので、そのまま写させていただきます

admi

アドゥミと読みます。

ヒンドゥー語で「ひと」という意味です。

アドゥミのマークは、
漢字の「人」の字から生まれました。

人と人とのつながり
心と心のつながり
国と国とのつながり

そんな目に見えない
「つながり」をあらわしたものでもあります。

インドへの旅で出会った人たちは、
豊かな心、生きる強さ、優しさを持って
私を迎えてくれました。
木版プリントを始め、興味深い伝統技法にも出会いました。
人の手がつくりだすものの温かさ、力強さを改めて感じました。

彼らと一緒にものづくりがしたい。

その思いがアドゥミの始まりです。

人と人が心を通わせ、ものをつくる。
人と人を思い、ものをつくる。

人と人、心と心、手と手、
いろいろな意味での「つながり」を
いつもわすれないように。



それから…!
a0123724_15372438.jpg

鎌倉の雑貨屋さんで見つけたポストカード

a0123724_15372420.jpg

スカートめくりもできちゃう♪




最後は…
a0123724_15372446.jpg

河合隼雄さんが亡くなられて6年目にして取り組まれた、第一回 河合隼雄物語賞、学芸賞

私はその物語賞の方、『ふくわらい』著:西加奈子を旅の間に読了しました

寝る前に少しずつ読み進めていたのを持って行っていたので、ちょうどホテルの部屋で台風をやり過ごしていた時にどっぷりとハマり、、終いのシーンにはスコーーンっと空に抜け放たれ、まるで新しい命を授けられたかのような読後感でいっぱいになった私は、ベッドの上で興奮した身体と雄叫びのようなものを抑えるため、オッサン臭い枕にフガフガと顔をうずめることになったのです

久々に小説を読んだけど

物語を読むということで身体中のみなぎりをこらえようがなかったのは初めてです

旅をひっくるめての素晴らしい経験となりました

西加奈子さんありがとう

彼女の本他にも読んでみようっと
[PR]
by toprobato | 2013-10-26 15:37 | 他の方のさくひん | Comments(0)

北欧さん

a0123724_1416128.jpg

手しごと市にて


ずっと携帯用にと探していた、ピンクッションをゲット♪
ドングリも♪


ドングリのぼうしの部分は本物で、なかなか見かけない北欧種の木を探して拾いに行かれたそうです。
日本のドングリよりプックリ大きめ。

ピンクッションの模様は、北欧の伝統模様を中心にオリジナルもあり、白樺の籠や、コロンとした木の器に入れられたものもあってとても素敵でした。

作成者はK Katayama tricotさん。

地元大阪で教室もされているようで、ヴィンテージ本の編み図(英文)を読み解きながら編んでいく…なんてマニア心がくすぐられるような企画もされているそうです。


ニット好きの方のお話を聞いているだけで幸せでした〜♪
[PR]
by toprobato | 2012-11-26 14:16 | 他の方のさくひん | Comments(0)

秋冬空気

a0123724_192319.jpg

a0123724_192323.jpg

a0123724_192493.jpg


ぐぐっと気温が下がって、羊族にとって過ごしやすい季節になってまいりました。

羊センパイに会いに。

岡文女さんのホームスパン展が始まっています。

北海道から連れて帰った原毛を洗い、紡ぎ、染め、織り上げられた作品たちが鮮やかにお出ましに。

鮮やかでいて目にやさしい植物染色による自然の色、そしてそのまんまの羊の色は今日みたいな木枯らし日和にぴったり。

色の素敵だけじゃなく、ゆるく紡がれた糸だから表現できる柔らかさは手に取って、そして身につけて感じられるもの。


冷えてきた道を歩いていると

そうそう、こんなだった

去年もこうやって寒くなって空気がツンツンしてきてた

今年もこんな季節が…って私の気持ちにも、しみじみとソワソワとちょっとなんだかよくわからないドキドキが織り混ざっております。
[PR]
by toprobato | 2012-11-03 01:09 | 他の方のさくひん | Comments(0)

色感

a0123724_1303251.jpg

a0123724_1303284.jpg

a0123724_1303245.jpg

只今カサノヴァさんにてうつわ展やってます。

薄黄色の西日に白と水色のコントラスト

時の流れが変わりますね〜

そのかたわらに…

大変興奮する商品たちが!

sophie DIGARD

たくさんの色が隣り合い重なり合いしているのにこのひっそりした佇まいはなぜ?
色彩のマジックにしばしみとれてしまいました。。。
[PR]
by toprobato | 2012-03-29 01:30 | 他の方のさくひん | Comments(1)