ト・プローヴァト

toprobato.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧

年末までのうごき

a0123724_12293420.jpg



明日、愛知へ向け出発します。

今回は、親友が一緒に来てくれるので、食いしん坊旅になりそうな予感。。。
たまには秋の遠足気分で♪♪

いよいよニットの季節本番
年末までノンストップです。

今後の予定をお知らせさせて下さいませ。


《イベント》
・11/2.3
くらふとフェア蒲郡 (愛知)

・11/10
ものづくりART town (京都)


《展示会》
・11/30〜12/15
tone. × το προβατο
at CASANOVA & Co. (岡山市北区野田)


・12/8〜12/25
岡 文女 × το προβατο
at ELD INTERIOR PRODUCTS (岡山市北区横井上)


・12/17〜12/29
金井祐実 × το προβατο
at pieni deux (岡山市北区出石町)



クリスマスシーズンの2人展3連チャン♪とても楽しみです♪


よろしくお願いいたします。
[PR]
by toprobato | 2013-10-31 12:29 | イベント | Comments(0)

旅の途中に…


旅の余韻を楽しみながら、旅の途中に出会った人やモノたちを少しだけ紹介させて下さい

a0123724_15372332.jpg

“Arts&craft 静岡”でお隣さんになり、話しているうちに“川口暮らふと”も一緒だった!というご縁のアドゥミさんの布

デザイン担当を彼女がし、伝統技法である木版プリントを(木版を彫る人、布にインクを付け押す人、裁断して縫製する人…)たくさんのインドの方々が担当し、みんなの手が集まり作られる布は、一枚一枚インクのにじみや濃さが違って親しみやすさと温もりが感じられます


a0123724_15372316.jpg

素敵なパンフレットをいただいたので、そのまま写させていただきます

admi

アドゥミと読みます。

ヒンドゥー語で「ひと」という意味です。

アドゥミのマークは、
漢字の「人」の字から生まれました。

人と人とのつながり
心と心のつながり
国と国とのつながり

そんな目に見えない
「つながり」をあらわしたものでもあります。

インドへの旅で出会った人たちは、
豊かな心、生きる強さ、優しさを持って
私を迎えてくれました。
木版プリントを始め、興味深い伝統技法にも出会いました。
人の手がつくりだすものの温かさ、力強さを改めて感じました。

彼らと一緒にものづくりがしたい。

その思いがアドゥミの始まりです。

人と人が心を通わせ、ものをつくる。
人と人を思い、ものをつくる。

人と人、心と心、手と手、
いろいろな意味での「つながり」を
いつもわすれないように。



それから…!
a0123724_15372438.jpg

鎌倉の雑貨屋さんで見つけたポストカード

a0123724_15372420.jpg

スカートめくりもできちゃう♪




最後は…
a0123724_15372446.jpg

河合隼雄さんが亡くなられて6年目にして取り組まれた、第一回 河合隼雄物語賞、学芸賞

私はその物語賞の方、『ふくわらい』著:西加奈子を旅の間に読了しました

寝る前に少しずつ読み進めていたのを持って行っていたので、ちょうどホテルの部屋で台風をやり過ごしていた時にどっぷりとハマり、、終いのシーンにはスコーーンっと空に抜け放たれ、まるで新しい命を授けられたかのような読後感でいっぱいになった私は、ベッドの上で興奮した身体と雄叫びのようなものを抑えるため、オッサン臭い枕にフガフガと顔をうずめることになったのです

久々に小説を読んだけど

物語を読むということで身体中のみなぎりをこらえようがなかったのは初めてです

旅をひっくるめての素晴らしい経験となりました

西加奈子さんありがとう

彼女の本他にも読んでみようっと
[PR]
by toprobato | 2013-10-26 15:37 | 他の方のさくひん | Comments(0)

寄り道

a0123724_16565065.jpg

a0123724_16565132.jpg


昨夜無事ゴールしました!


鎌倉からの帰路は、思いがけない渋滞をなんとか抜けられたものの、深夜に無理に帰るよりもPAで休むことにしました。


そして朝、京都の手前だったことに気づき、ちょっと寄り道気分に…


糸の仕入れと、民族楽器屋さんと、京都に行ったらまず絶対というほど通ってしまう“西洋民芸の店グランピエ”へ。


年末の展示会用に程良いサイズ感のカゴがあり、お店の方から「スペインのオリーブ収穫用のカゴなんですよ〜」と説明を受けているうちに、そのスペースにはキリムがたくさん壁にかけられていたり、床に重ねられていたのでじっくり見せていただきながらキリムの話に。

グランピエにあるキリムは、大量生産されたものではなく、作り手さんのイメージのままに自由に作られ、嫁入り道具として大事にされていたものなので、全て一点ものとのこと。

なるほど、形やサイズ、模様も様々。。
毛足の長いフサフサしたもの、短いけど柔らかくさわり心地の良いものなど手触りも様々。。
羊毛だけでなく、山羊の毛や綿が混ざっているものもあるそう。

シンプルにナチュラルな羊だけで作られたようなのもあれば、クレーの抽象画のようなのもあれば、設計図ありきで作られたんじゃないか?と思わせる順序よく模様が整列したのもあって、本当に個性豊かなので、部屋のキリム全て見たくなってしまいます。
お店の方も本当に好き!をいっぱいにちりばめた顔で、
「作り手さんの性質が出ているので、一点一点見ながらその人のことを想像するのが面白くて仕方ないんです。。」
とニコニコおっしゃっていました。

また、染色は植物だけでなく科学染料の部分もあり、鮮やかでちょっと茶目っ気もあるような一点も。

日本の大正の頃にセルロイドなどがハイカラだったように、科学染料で染めた糸はその時代、とてもキラキラと、宝物のように目に映ったのかもしれません。
それを大事に取っておき、嫁入り道具の制作のために使われたと聞くとよけい作り手さんの温もりを感じずにおれません。

現在は、政府の規定によりキリムの染色は、植物染料に限られているようです。


そして、私ったら

どこまでも羊繋がりだな

楽しいな!
[PR]
by toprobato | 2013-10-22 16:56 | ひつじ | Comments(0)

旅の終わりに

昨日のイベントまでがまんしていてくれたかのように、朝から激しい雨が降り注ぎます

a0123724_19325493.jpg

せっかくもう一度鎌倉に戻ったのだから、、とブランチでしめて帰ることに

a0123724_19325489.jpg

openに少し早かったので待っていると、ご主人が親切に迎え入れ広いソファーに通してくれました
雨に塗れてくお庭を眺めながら温かい食事をとるありがたき幸せ。。。

そして、思い出したのです
羊センパイが鎌倉にニットの帽子屋さんがあると教えてくれていたことを!!

a0123724_19325429.jpg

カフェから近かったのでほとんどビショビショになりながらたどり着き、試着させてもらっているうちに話が弾む♪
女性店主さんは、世界中を旅してまわる写真家でありながら、帽子作家さんなのでした

a0123724_19325417.jpg

私の紡ぎ糸に興味を示してくださり、お互いの作品を購入し合うという物々交換のような嬉しい事件もありました
2階に位置するお店は、3階~天窓に四角く抜けて自然光の明るい素敵な空間でした


a0123724_19325477.jpg

旅の折り返し地点は、こんな風に出会いと優しさに満ちていて…
旅の途中、端々で思っていたことなのですが、これは本当に思い切ってみて良かったと
ウン、ウン、とうなずきたくなってくるのです



a0123724_19325410.jpg

鎌倉の帽子屋さん『pajaro』パハロさん
ホントに岡山に遊びに来てください~♪

もう…3時間程渋滞に巻き込まれこれを書いています

そんな時、流れてくるのは“ふちがみとふなとカルテット”の“ナ・ララ”

アフリカで出会った2人の紡ぎだす音と声の愛しさ…

行きしもこんなんだったような…
なんたるデジャヴ感…

おかげで雨は止みました
[PR]
by toprobato | 2013-10-20 19:32 | ぼうけん | Comments(0)

川口暮らふと

a0123724_2216124.jpg

a0123724_2216155.jpg

a0123724_2216135.jpg

a0123724_2216170.jpg

a0123724_221629.jpg

a0123724_2216230.jpg

a0123724_2216243.jpg

a0123724_2216251.jpg

a0123724_2216244.jpg

ありがたいことに天候はギリギリもち、大変な賑わいで充実した一日を送ることができました。

連れて帰ってくれたみなさまありがとうございました。

スタッフの方々お世話になりました。


a0123724_2216273.jpg

a0123724_2216240.jpg

a0123724_2216233.jpg

a0123724_2216270.jpg

本日のヒット!お花屋さん。

近くだったら通いたいのに。。


無事、鎌倉に戻り最後の宿(ゲストハウス耳日)にて、いいお酒が飲めています。
シェアハウス状態で一期一会のお客さんたちとくつろいでいます。。。
[PR]
by toprobato | 2013-10-19 22:16 | イベント | Comments(2)

最後の東へ

a0123724_1939656.jpg

a0123724_1939665.jpg

鎌倉を早めに出発して、埼玉の川口市へ



a0123724_1939639.jpg

首都高を抜けるには、分岐や合流がたくさんありすぎて緊張しました
合流は左側からだけでなく、右からも!?ってな感じでドキドキドライブ
大変せわしなかったです



a0123724_1939689.jpg

川口は、まさにベッドタウンといったところでしょうか…
人々の生活の臭いがプンプン
中国、タイ、インドのお店をたくさん見つけたので、海外移住者も多いのかも…



a0123724_1939653.jpg

喫茶店で一息つきながら、明日のイベントへの思いを馳せます
ほのかに雨の予感。。。
これはマズイです
雨を止ませる儀式をとり行わなくては!

この旅のゴールは間近!

…いやいや、家に帰るまでが遠足でした。。
[PR]
by toprobato | 2013-10-18 19:39 | イベント | Comments(0)

山から海へ

a0123724_21594074.jpg

昨日までとは


a0123724_21594087.jpg

うってかわっての海です


a0123724_21594073.jpg

まずは江ノ島神社へお詣りし、しらす丼で腹ごしらえし ( 美味 !!! )
江ノ島~鎌倉を気ままにお店屋さん巡り

気になっていた生地屋さんに寄ったり
通りがかりに雑貨屋さんに入ったり
ゲストハウスに着いてからはレンタサイクルでいろいろ巡り
お店屋さんの情報から落ち着いたカフェと居酒屋さんに


a0123724_21594014.jpg

ゲストハウスでは2度目の外国の方との相部屋に
そろそろ鍛えられてきたようです

I'm going to craft market to saturday !
[PR]
by toprobato | 2013-10-17 21:59 | ぼうけん | Comments(0)

森、草原、植物

a0123724_1431164.jpg

a0123724_1431179.jpg

午前中、風が止むまでは制作の時間となりました
雨が止み風が止むと、爽やかなお出かけ日和になったので身体がウズウズ
仙石原のススキ草原までドライブ

a0123724_1431119.jpg

行きしの道は森の中のうねうね道で、緑のトンネルをくぐっているようでした
台風に全部洗い流してもらった木々がピカピカ光って、ずっとシャワーを浴びているような気分で運転でき、たどり着いた草原はこれまた見たことのない景色を繰り広げているのでした

a0123724_1431123.jpg

歩いたり、まぎれこんだり

a0123724_143113.jpg

まぎれこみながら、光っているススキを見るのがこんなに気持ちいいこととは知らなかった…



a0123724_1431177.jpg

そして、箱根美術館へ
こちらの展示室にある陶器も興味深かったのですが、何よりも庭園でした
地面は苔むし、木々は全てモミジ

a0123724_1431180.jpg

moss… seed

a0123724_1431147.jpg

moss… seed… mushroom

a0123724_1431170.jpg

moss… mushroom

a0123724_1431145.jpg

種はまぎれもなくモミジの種で、苔の間に挟まっていたり石畳に落ちていたり…
大きいの、小さいの、何種類か拾って帰ることにしました



a0123724_1431118.jpg

お次は、強羅公園へ
またしても、植物に会いに
迷わず一番に温室の中のジャングルを楽しむ

アンリ・ルソーの描く密林や動物が私は好きで、ここは今まで入った温室の中で一番ルソーのことを思わずにいられなかった場所でした
確か、ピカソと同じ時代ではなかったかと思うのですが…

a0123724_14311100.jpg

彼は生涯のうちでそのような国に行ったことがないそうです

a0123724_1431143.jpg

でも、どうしても憧れてやまない魅惑の地を

a0123724_1431191.jpg

いくつかの情報と、想像の世界で描ききったのです

a0123724_1431194.jpg

また、彼の職業は絵描きではありませんでした

a0123724_1431159.jpg

描くことをして過ごして余暇を楽しんでいたのです

a0123724_1431138.jpg

そんな彼のスタイルからも、人物画からも、サインの文字からも

a0123724_1431181.jpg

のんびりとした雰囲気がうかがえて、なんかやっぱり好きだな~と思えるのです

a0123724_1431189.jpg

ルソーのように“好き”をマイペースに追求していく
それが今の私にとって、植物づけの毎日につながっているようです



タビビトノキはこわいくらい巨大だった

一日の始まりは緑のシャワーだった

見たことのない景色

見たことのない世界

生きてるうちに

どれだけ味わえるだろう
[PR]
by toprobato | 2013-10-17 01:43 | しぜん | Comments(0)

まだまだ東へ


静岡出店を終えて、今週末向かうは埼玉「川口暮らふと」のため、じわじわ東へ進んでいます。
すぐに見えるかと思っていた富士山は、霧におおわれて巨大な裾広がりだけが見えています。
この目で全貌が明らかになった時、やっぱり圧倒されちゃうのかな。。

a0123724_2263442.jpg

箱根に来ています。
彫刻の森美術館にて、ピカソの無邪気なまでのタイル画や陶器に出会うと、私もその場で何か作りたいような、描きなぐりたいような衝動にかられます。
体の全部を使って、死ぬまでやりたいことをやりつくしたピカソの人生はきっと幸福に満ち、その溢れる幸福が作品となり、そんな循環の素晴らしさを伝えているような、今回絵画作品以外に陶の作品を見たことでそう感じさせられました。

a0123724_226341.jpg

森の中で、もっともっと散策していたかったのですが、雨がどんどん強くなってきてしまい

a0123724_22634100.jpg

早めに退散して、富士屋ホテル見学へ。
レトロな建築も良かったですが、奥に続いている植物園にまたまた心ひかれてしまうのでした。

a0123724_2263428.jpg

温室があり

a0123724_2263445.jpg

一人きりだったので、しばらくたたずみぼーっとなる
なんだかよくわからない直線や曲線、奇抜な色合わせ、、飽きることはありません。

a0123724_2263419.jpg

河口湖では、昨日夕方と今朝、同じルートを散歩しました。
モミジの種を拾ったり…
何かの実を見つけたり…
植物に触れている時が一番落ち着きます。

a0123724_2263415.jpg

昨日のハンモックからの眺め

こんな空になって、早く富士山を見せておくれ!

台風が去るまで、しばしホテルでおとなしくしていようと思います。
[PR]
by toprobato | 2013-10-15 22:06 | しぜん | Comments(0)

まかいの牧場〜河口湖

a0123724_2227934.jpg

せっかくなので

a0123724_2227965.jpg

羊に

a0123724_2227946.jpg

会いに

a0123724_2227980.jpg

まかいの牧場へ

a0123724_222793.jpg

こちらは牧場といっても観光用のけっこうなテーマパークで、羊以外の動物たちもたくさんいらっしゃり、ふれあいコーナーやドッグラン、広々と遊具があったり

a0123724_2227933.jpg

体験コーナーを多く設けていたりで、連休ということもあり、カップルや家族連れで大賑わいでした

a0123724_22271029.jpg

連休中に一人で行くような場所ではなかったことに気づき

a0123724_22271098.jpg

隅っこのハンモックエリアに退避して、気持ちよすぎでしばらくまどろむ


a0123724_22271054.jpg

今夜の宿河口湖に着いて少し散策すると、やはり秋がちょっぴり早いようです
宿は、外国からのお客さん向けのゲストハウス
相部屋のキュートな方となんとか必死でコミュニケーションしてみるも…
自分の頭の中に残っている英語の微量さに残念でなりません
[PR]
by toprobato | 2013-10-14 22:27 | ひつじ | Comments(0)