ト・プローヴァト

toprobato.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

水の神さんふたたび

a0123724_12253721.jpg

a0123724_13174324.jpg

a0123724_13174599.jpg

a0123724_13215973.jpg

a0123724_1322078.jpg

a0123724_13234333.jpg

a0123724_13234533.jpg

a0123724_1325066.jpg

a0123724_1325183.jpg


結婚式の日に、髪結い・メイク・着付けを全て担当してくれた肝っ玉おばちゃんは「ありのままの私でないといかんだでね~」と、バリバリの諏訪弁で話しかけてくれる頼もしい人だった。

それでいて、私専用に着物の中に当てる布のサイズを縫い直してきてくださったり、苦しくない??と何度も確認してくれたり、くったくなくお茶目なことを言って笑わせてくれたり、そのうえ私が式の合間にトイレへ行った後、衣装を直す手はパンツの確認までしてくれていた。
うまく上げられてなかったので、「ズリズリッ」と笑いながら「なんでもやるよー!」とくりくりの腕で上げてくれる職人ぶりだった。

一生に一回しか会わないかもしれない人なのに、なんでこんなに近くなってしまうの~。。と、その日のうちに分かれの来てしまうおばちゃんにキュンキュンしてしまっていた。

半日ズラを被った後、食事会へ行くために着替え、ヘアアレンジを変えてもらう時、私はドライフラワーのピースを何本もバラバラで用意していた。
こういうの付けてみたいんですー。っておばちゃんにリクエストすると、また「ありのままの私でないといかんだでね~」と言いながら、髪を結い直した後、お花や葉っぱを無造作に束にしたり、いい角度を選びながらスイスイ刺してはまるで魔法のような手さばきで新しいヘアスタイルに変身させてくれ、最後に余ったのを束にしてヘアピンとミニゴムを足すと旦那さんの襟元にもチョイっと飾ることができ、飴ちゃんを一掴み手渡してくれる素早さだった。
そして「食事中、お笑いが必要だったらおばちゃんいつでも行くだでね~」とニカニカ笑顔で送り出してくれた。

実に晴れやかなお別れだった。


一期一会の諏訪のあの人
次があるならどこかのスーパーだろうか
どこかの食堂だろうか
御柱祭だろうか
巡り巡ってフッと会えるだろうか

山の中を
緑の中を
厳しい季節の中を
ありとあらゆる生きものたちの中を
幾年月も絶え間なく巡り行き交う水の神さんは
きっと知っていても答えはしない




[PR]
by toprobato | 2017-06-29 12:25 | しぜん | Comments(0)

緑響く

a0123724_1215136.jpg

a0123724_1213162.jpg

a0123724_12131477.jpg

a0123724_1215349.jpg

a0123724_12253596.jpg

御射鹿池へ行ってきました。
東山魁夷さんの作品“緑響く”のモデルになったと言われる場所です。
あまりにそのまますぎて、本当に白い馬が現れそうだった。
木々の佇まい、鏡面のような湖に映る色と光、揺らめきが静けさとともに響いてくる。

御射鹿池という名前もちょっと調べてみると、諏訪大社にお供えするための鹿を狩りにきていた場所だったようで、なんだかうなずかずにおれないピンとした空気に恐れ入ってしまいました。

そこからさらに上へ車を走らせると、道路脇から苔むす森が覗いてきて、少し前とまた違った光景に山の奥深さにほんの少し触れたようになりました。
奥の方からおいでおいでされてるような得体の知れないゾワゾワワクワク感が今も少し胸を騒がせます。





[PR]
by toprobato | 2017-06-29 12:15 | しぜん | Comments(0)

水の神さん

a0123724_1101856.jpg

神さんありがとう。

a0123724_112547.jpg

a0123724_112721.jpg

食べものを育てる水を

a0123724_114038.jpg

食べものを洗い調理する水を

a0123724_114117.jpg

a0123724_1153193.jpg

巡り巡る水さん
どこから来てどこへ行くのか
わからないけどそれは命
いつもいつもありがとう。

a0123724_1153361.jpg

a0123724_117175.jpg

a0123724_1171853.jpg

ここには水の番人さんもいるみたい。
番人さんありがとう。

全てが働き全てが巡ることにありがとう。

[PR]
by toprobato | 2017-06-29 11:02 | しぜん | Comments(0)

狩る

a0123724_10473883.jpg

a0123724_10473974.jpg

a0123724_10474116.jpg

つやつやたわわ
ぶらんぶらんたわわ
あの赤いのにしよう
あの高いところのにしよう
キレイをいただく
カワイイをいただく


a0123724_10565994.jpg

a0123724_1057115.jpg

a0123724_1057215.jpg

a0123724_1101682.jpg

お隣の県へドライブ、山梨の北杜市へ。
さくらんぼ狩りをしたり、ギャラリーを尋ねたり、、

ドライブ中は、青葉を目で狩る。
狩って狩って狩りまくって、ギャラリーの屋根も全部食べつくした気分。

それでもずっと美味しい。。
思い出すほどに美味しい。。




[PR]
by toprobato | 2017-06-29 10:47 | しぜん | Comments(0)

信州のたてもの

a0123724_12301144.jpg

a0123724_12301336.jpg

a0123724_1230149.jpg

a0123724_12361199.jpg

農家の建ち並ぶ集落へ行くと、屋根に面白い形が見られます。
“雀おどり”とか“カラス嚇し”と言われているそうです。

a0123724_12361323.jpg

a0123724_12441575.jpg

a0123724_12441793.jpg

a0123724_12441878.jpg

“空飛ぶ泥舟”、“高過庵”と名付けられた建物は、茅野市出身の建築家藤森照信さんの作品。
どちらも茶室です。
承諾いただいて、式の日に撮影させていただきました。
10月には同じ敷地内に、地下の茶室“低過庵”が完成する予定でとても楽しみです。

藤森さんの建物は、大分のラムネ温泉、滋賀のたねや、多治見のモザイクタイルミュージアム、などなどお勧めしたいスポットがたくさんあります。
間近に伝わる超自然、素敵なタイムスリップ!!



[PR]
by toprobato | 2017-06-22 12:30 | いとなみ | Comments(0)

日本のかみさま 2

a0123724_11144087.jpg

ボンヤリ

a0123724_11144237.jpg

ウントコ

a0123724_11174769.jpg

ヨイショ

a0123724_11174921.jpg

ヨイショ

a0123724_11175023.jpg

a0123724_11475498.jpg

a0123724_11475564.jpg

支えたり
風を運んだり

a0123724_11532634.jpg

コッソリいたり

a0123724_11532840.jpg


いろいろ神様
いるね神様
そこここに


[PR]
by toprobato | 2017-06-22 11:14 | しぜん | Comments(0)

日本のかみさま

a0123724_1133851.jpg

a0123724_1133987.jpg

a0123724_1134083.jpg

道祖神、馬頭観音…

a0123724_118862.jpg

a0123724_118934.jpg

a0123724_11105855.jpg

a0123724_1111080.jpg

道端にいろいろ神様
日々の中に神様


[PR]
by toprobato | 2017-06-22 11:03 | しぜん | Comments(0)

ビタミンとエメラルド

a0123724_1624436.jpg

ルバーブにやっと出会えました。
岡山にいる時はなかなかお目にかかれなかったので、ここぞとばかりに畑に植えたり、直売所で買ってきてジャムにしたりしています。

茎をざくざく切って、水を入れず砂糖とともに加熱しているとすぐにドロドロに溶けてきて、元の色より鮮やかな赤色に発色してきたので魔法のように楽しめました。

酸っぱいのでビタミンCが主な栄養かなと調べると、カリウムやカルシウム、食物繊維、、いろんないいところがあることが分かり、ルバーブともっとお付き合いしたくなってきています。


a0123724_162448.jpg

a0123724_1624517.jpg

a0123724_1641717.jpg

a0123724_1641884.jpg

a0123724_1641962.jpg

長野県信濃美術館と豊田市美術館へ東山魁夷さんの展覧会へ行ってきました。
東山さんの屏風絵を観賞したのは初めてでとても貴重な体験でした。

構想を練るために、冬の日本海など日本全国の土地を取材スケッチ旅していたことも分かり、厳しい旅を乗り越え失明しながら日本へ渡って来た鑑真和尚、仏教を広く伝えるために生きた彼の魂を深くいたわるような心を感じました。

そういったことを知らずに観賞するだけでも、森林浴できたり、どこか自然の中にたたずんで一人にさせてくれるのが、東山さんのリアルでも幻想でもない不思議な力のように感じました。

エメラルドの森に湖が面していて、白い馬がもう一頭映っている彼の有名な絵は、モデルになった湖があるようです。
近そうなので今度行ってみようと思っています。



[PR]
by toprobato | 2017-06-11 16:02 | 今日のコレ! | Comments(0)

ビーナスたち

a0123724_1558888.jpg

a0123724_1558841.jpg

a0123724_1558981.jpg

a0123724_160314.jpg

ここ茅野市では、国宝の土偶が2体出土されています。
先週、“縄文のビーナス”と“仮面の女神”を展示している尖石縄文考古館へ行ってきました。

“縄文のビーナス”は、初めて国宝に指定された土偶です。
思っていたほど大きくはなく、手に持ってなでなでしたくなるかわいらしさと、お尻にかけての曲線の美しさと、出土された時の横たわり具合がひょっこり顔をこちらに向けていて、なんともいえないおとぼけ宇宙感がありました。

“仮面の女神”は、シャーマンのお墓だとされる場所から発掘されました。
ポッコリとしたボタンのようなおへその周りをグルグル描く模様にまず目を奪われます。
ポチリと円い鼻が突き出た逆三角の仮面にどっしりと太い足、このバランス感覚はいつまで見ていても見飽きないほどです。

この2体の部屋以外にもたくさん土器が展示されている部屋があり、土偶だけでなく土器の形や模様を見ながらずーっといてずーっと眺めていられる空間に、不思議な縄文の力を感じました。

外には森の中に復元されたお家もあって、考古館が建てられた場所にも魅力を感じます。

a0123724_160497.jpg

a0123724_160570.jpg

a0123724_161983.jpg

a0123724_1611176.jpg

いろんな種類の苔が生えている屋根や暗い部屋の中をのぞき込むと、あの生と死を祀るシャーマンの時代にタイムスリップした感覚になりました。

サクランボはこれから大きくなりそうです。

エゾハルゼミが、高原の風とともに響きわたっていました。



[PR]
by toprobato | 2017-06-11 15:58 | いとなみ | Comments(0)

いろんな儀式

a0123724_1554989.jpg

a0123724_1556214.jpg

a0123724_1556368.jpg

a0123724_1556483.jpg


先日6/10に、諏訪大社(本宮)にて結婚の儀式を上げさせていただきました。
新しい生活は始まっていましたが、家族に対する思いも改められるようで、それがどんなにありがたいことか、今までとこれからの出会いや学びがどんなに尊いことか…感じることのできる思い出深い日となりました。


諏訪大社は上社(前宮と本宮)、下社(春宮と秋宮)があるということ、引っ越してからここ一ヶ月のうちに位置関係も分かるようになってきたので、時間のある時に本宮以外の場所にもお参りに行きました。

式前お参りをしながら、その場の空気や自然に挨拶。
木造建築から覗くキラキラした木漏れ日と涼やかな春蝉の声。。


社に立つとなおさらかもしれませんが、この今にしかない大地と空の共有をさせてもらうという個人的な儀式は、いつだってどこだってこの先も続いていくようです。



[PR]
by toprobato | 2017-06-11 15:54 | いとなみ | Comments(0)