ト・プローヴァト

toprobato.exblog.jp
ブログトップ

普通の日々

a0123724_10225792.jpg

a0123724_10225827.jpg

a0123724_10225999.jpg

a0123724_10241611.jpg

a0123724_10241721.jpg

式の後、しばらくトイレがつまるという事件が起こった。
スッポンの道具を使うと、外の下水管の蓋が飛び出して中からジワジワ溢れてくるので、ひたすらお掃除しながら少し惜しいと思ったほどだった。
夏野菜などを育てているミニ庭・菜園から数センチしか離れていなかったので、そのまま肥やしにしたいという気持ちが湧いてくるからだ。

数日間は、朝からちょいと、もしくは必死にこらえながら、コンビニやスーパーのトイレをお借りしに行くという、プチプチ糞尿地獄・プチプチプチプチサバイバル生活を余儀なくされながら、普通に生活できることの奇跡とありがたみを改めて思い知ることになった。

工事が入り、ミニ菜園の野菜を一部プランターに移すことになり、結局キュウリとピーマンを弱らせてだめにしてしまったけど、他のコたちはスクスク成長してくれている。

工事が終わり、またいつものようにあたりまえのようにトイレが流れてくれている。なんと快適。

生活ってすごい。大げさに感動している日々。





[PR]
# by toprobato | 2017-07-01 10:23 | いとなみ | Comments(0)

水の神さんふたたび

a0123724_12253721.jpg

a0123724_13174324.jpg

a0123724_13174599.jpg

a0123724_13215973.jpg

a0123724_1322078.jpg

a0123724_13234333.jpg

a0123724_13234533.jpg

a0123724_1325066.jpg

a0123724_1325183.jpg


結婚式の日に、髪結い・メイク・着付けを全て担当してくれた肝っ玉おばちゃんは「ありのままの私でないといかんだでね~」と、バリバリの諏訪弁で話しかけてくれる頼もしい人だった。

それでいて、私専用に着物の中に当てる布のサイズを縫い直してきてくださったり、苦しくない??と何度も確認してくれたり、くったくなくお茶目なことを言って笑わせてくれたり、そのうえ私が式の合間にトイレへ行った後、衣装を直す手はパンツの確認までしてくれていた。
うまく上げられてなかったので、「ズリズリッ」と笑いながら「なんでもやるよー!」とくりくりの腕で上げてくれる職人ぶりだった。

一生に一回しか会わないかもしれない人なのに、なんでこんなに近くなってしまうの~。。と、その日のうちに分かれの来てしまうおばちゃんにキュンキュンしてしまっていた。

半日ズラを被った後、食事会へ行くために着替え、ヘアアレンジを変えてもらう時、私はドライフラワーのピースを何本もバラバラで用意していた。
こういうの付けてみたいんですー。っておばちゃんにリクエストすると、また「ありのままの私でないといかんだでね~」と言いながら、髪を結い直した後、お花や葉っぱを無造作に束にしたり、いい角度を選びながらスイスイ刺してはまるで魔法のような手さばきで新しいヘアスタイルに変身させてくれ、最後に余ったのを束にしてヘアピンとミニゴムを足すと旦那さんの襟元にもチョイっと飾ることができ、飴ちゃんを一掴み手渡してくれる素早さだった。
そして「食事中、お笑いが必要だったらおばちゃんいつでも行くだでね~」とニカニカ笑顔で送り出してくれた。

実に晴れやかなお別れだった。


一期一会の諏訪のあの人
次があるならどこかのスーパーだろうか
どこかの食堂だろうか
御柱祭だろうか
巡り巡ってフッと会えるだろうか

山の中を
緑の中を
厳しい季節の中を
ありとあらゆる生きものたちの中を
幾年月も絶え間なく巡り行き交う水の神さんは
きっと知っていても答えはしない




[PR]
# by toprobato | 2017-06-29 12:25 | しぜん | Comments(0)

緑響く

a0123724_1215136.jpg

a0123724_1213162.jpg

a0123724_12131477.jpg

a0123724_1215349.jpg

a0123724_12253596.jpg

御射鹿池へ行ってきました。
東山魁夷さんの作品“緑響く”のモデルになったと言われる場所です。
あまりにそのまますぎて、本当に白い馬が現れそうだった。
木々の佇まい、鏡面のような湖に映る色と光、揺らめきが静けさとともに響いてくる。

御射鹿池という名前もちょっと調べてみると、諏訪大社にお供えするための鹿を狩りにきていた場所だったようで、なんだかうなずかずにおれないピンとした空気に恐れ入ってしまいました。

そこからさらに上へ車を走らせると、道路脇から苔むす森が覗いてきて、少し前とまた違った光景に山の奥深さにほんの少し触れたようになりました。
奥の方からおいでおいでされてるような得体の知れないゾワゾワワクワク感が今も少し胸を騒がせます。





[PR]
# by toprobato | 2017-06-29 12:15 | しぜん | Comments(0)

水の神さん

a0123724_1101856.jpg

神さんありがとう。

a0123724_112547.jpg

a0123724_112721.jpg

食べものを育てる水を

a0123724_114038.jpg

食べものを洗い調理する水を

a0123724_114117.jpg

a0123724_1153193.jpg

巡り巡る水さん
どこから来てどこへ行くのか
わからないけどそれは命
いつもいつもありがとう。

a0123724_1153361.jpg

a0123724_117175.jpg

a0123724_1171853.jpg

ここには水の番人さんもいるみたい。
番人さんありがとう。

全てが働き全てが巡ることにありがとう。

[PR]
# by toprobato | 2017-06-29 11:02 | しぜん | Comments(0)

狩る

a0123724_10473883.jpg

a0123724_10473974.jpg

a0123724_10474116.jpg

つやつやたわわ
ぶらんぶらんたわわ
あの赤いのにしよう
あの高いところのにしよう
キレイをいただく
カワイイをいただく


a0123724_10565994.jpg

a0123724_1057115.jpg

a0123724_1057215.jpg

a0123724_1101682.jpg

お隣の県へドライブ、山梨の北杜市へ。
さくらんぼ狩りをしたり、ギャラリーを尋ねたり、、

ドライブ中は、青葉を目で狩る。
狩って狩って狩りまくって、ギャラリーの屋根も全部食べつくした気分。

それでもずっと美味しい。。
思い出すほどに美味しい。。




[PR]
# by toprobato | 2017-06-29 10:47 | しぜん | Comments(0)