ト・プローヴァト

toprobato.exblog.jp
ブログトップ

ルアンパバーン旅行記 10

a0123724_15572372.jpg

朝焼けの時間に始まった托鉢体験。

a0123724_15524692.jpg

a0123724_15524698.jpg

a0123724_15524726.jpg

お坊さんたちの肩から下げた入れ物の中に、炊かれたカオニャオ(もち米)を少しずつ指でひとかたまりにして入れていく。
お坊さんたちはこれを後で分け合って食べるのだそう。

笹ちまきのようなものを私のカオニャオ入れにドサッと入れてきたお坊さんがいた。

a0123724_15524539.jpg

トォーさんに聞くと、みんな分け合う精神だからもらっていいと言う。
充分足りているお坊さんはくれることもあるのだそう。
ちょうど3つあったちまきを3人で食べた。
バナナが添えられたもち米は、ココナッツの味がして美味しかった。

a0123724_1615947.jpg

a0123724_1557242.jpg

a0123724_15572593.jpg

カオニャオ入れが空になると、地元の人たちの托鉢の様子を見学しながら散歩した。
地元のおばちゃんやおばあさんは、ずいぶんと熱心に、お坊さんたちを敬うように頭を垂れ、カオニャオを配っていた。

これが毎日の光景なんだな。
ラオスの人たちの信仰心、清々しい一日を送るための儀式(習慣)、とても美しいなと思った。

a0123724_162039.jpg

a0123724_162060.jpg



[PR]
by toprobato | 2018-09-23 15:57 | ぼうけん | Comments(0)