ト・プローヴァト

toprobato.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:しぜん( 85 )

氷の贈りもの

a0123724_1418357.jpg

a0123724_14183566.jpg

a0123724_14183626.jpg

a0123724_14195516.jpg

a0123724_14195639.jpg

昨年秋にトレッキングに出かけ、いくつも滝を見ることがありました。
滝の形は様々で、エメラルドグリーンの水の美しさに見とれながら、カサカサ落ち葉を踏みしめて歩いたことを思い出します。
この季節は道が雪に埋もれていたり、滑りそうなので全部は無理かもしれないけど、入口の所にあった滝くらいは見たいと行ってきました。

完全には氷らず、水しぶきが滴り落ちていく動きのある様子と、鍾乳石のように氷る神秘的な造形物とのドッキングで、まさに今しかない景色は圧巻でした。

a0123724_14195743.jpg

北海道や東京で主に活動する写真家さんからネックウォーマーを注文いただきお届けしたところ、北海道からこんな素敵な写真が送られてきました。

滝も、森の木々も、もうしばらくすれば溶けていく季節です。



[PR]
by toprobato | 2018-02-16 14:18 | しぜん | Comments(0)

御神渡り 4

a0123724_121471.jpg

a0123724_121493.jpg

a0123724_1233064.jpg

a0123724_1233132.jpg

a0123724_12331100.jpg

a0123724_125273.jpg

a0123724_125343.jpg

a0123724_125469.jpg


神事が行われて2日目は、前日と反対側-下社側の様子を見に行きました。

風が強く雪花が散る中、波打ち際でピキピキと立てる音に耳をそばだてたり、時が止まったかのように波の形を残す氷や、バキバキに激しくせり上がる氷、、太陽に照らされながら遠く先まで伸び、オミワタ(御神渡)っていく龍のような湖面に見入っていると、いつなのか、どこなのか、、なんとも例えようのない異国と異次元にワープしたような不思議な気持ちになりました。

そのまま魔法にかけられて、身体がオミワタってしまったらさあ大変です…!
なんだか諏訪湖にはそんなエネルギーさえあるような気がしてきます。

そして氷を溶かすカギは羊にあり、なんてこじつけて妄想に遊んでみたいというのが、この地からほど遠いよそから来た私であります。

『よそ者の私と諏訪湖』の物語は
ドキドキとちゃんと心臓が脈打っているようです。




[PR]
by toprobato | 2018-02-08 01:21 | しぜん | Comments(0)

御神渡り 3

a0123724_192028.jpg

a0123724_192032.jpg

a0123724_192110.jpg

a0123724_1111095.jpg

a0123724_1111187.jpg

a0123724_1111133.jpg

a0123724_1111247.jpg

a0123724_118057.jpg

a0123724_118118.jpg

a0123724_118255.jpg

a0123724_121384.jpg

[PR]
by toprobato | 2018-02-08 01:09 | しぜん | Comments(0)

御神渡り 2

a0123724_0524756.jpg

a0123724_0524785.jpg

a0123724_0524862.jpg

a0123724_0561634.jpg

a0123724_0561642.jpg

a0123724_0561739.jpg

a0123724_0304128.jpg

a0123724_0304166.jpg

a0123724_0304289.jpg


5年ぶりに御神渡りが認定され、神事が行われました。
諏訪大社上社側からの氷の柱と下社側からの氷の柱が繋がって、神主さんや宮司さんたちによって確認され、認定されて初めて御神渡りと呼ばれるようです。

私も運動がてら見に行こうと、上社側から諏訪湖沿いを歩いて長距離を走る氷のせり上がりを2本ほど確認できました。

船の様子を見に来たおじさんとばったり出会い、10センチ以上は氷っているから大丈夫と言われ、おそるおそる湖の上を少しだけ歩いてみたり、氷面の色が暗く変わって模様のできている所は温泉が吹き上がっている所だとか、昔はよくワカサギ釣りをしていたけど今は自由にできなくなったことなどお話を伺っているうちに、「ラブだからねー」と、、こちら側の上社と対岸の下社を結ぶことを嬉しそうに教えてくれて、、そうかー。。今回の現象で観光客も増えてるみたいだけど、地元の人たちにとってはまた違った意味で一大事なのかもしれないなぁ。。と、諏訪独特の自然の現象と信仰心が重なった風習に興味津々になりました。


[PR]
by toprobato | 2018-02-08 00:52 | しぜん | Comments(0)

御神渡り

a0123724_23414562.jpg

a0123724_23414665.jpg

a0123724_2341462.jpg

a0123724_23414737.jpg

a0123724_23434563.jpg

a0123724_23434560.jpg

a0123724_23434697.jpg

a0123724_0234721.jpg

a0123724_0234774.jpg

a0123724_0234883.jpg

a0123724_0432649.jpg

a0123724_0432679.jpg

a0123724_0432753.jpg

[PR]
by toprobato | 2018-02-07 23:41 | しぜん | Comments(0)

弾丸・アート巡り 2

a0123724_2223868.jpg

a0123724_2223860.jpg

a0123724_2223930.jpg

a0123724_2244577.jpg

a0123724_2244612.jpg

a0123724_2244654.jpg

a0123724_2244727.jpg

a0123724_2264519.jpg

ミロコマチコさんから、生きもの繋がり。
“南方熊楠 100年早かった智の人” 国立科学博物館
採集した苔や粘菌をマッチ箱にびっしり収められている様子、スケッチや緻密な研究、分析がうかがえる熊楠さんの膨大な資料をたっぷりと見学させてもらいました。


[PR]
by toprobato | 2018-02-02 22:02 | しぜん | Comments(0)

めずらしの雪

a0123724_2153141.jpg

a0123724_2153219.jpg

瀬戸内ではなかなかお目にかかれなかった雪にドギマギとワクワクが一緒こたになっているところです。
まずは手始めに雪合戦
サラサラなのでまるまらないし、当たると弾けて雪まみれになる。

a0123724_2174322.jpg

運転も少しずつ慣れてきています。

a0123724_2174487.jpg

a0123724_2174478.jpg

a0123724_2174590.jpg

a0123724_2174630.jpg

[PR]
by toprobato | 2018-01-30 02:15 | しぜん | Comments(0)

山の頭

a0123724_2121679.jpg

この土地のぐるりを見渡すと、山はそびえ頭は白いです。
瀬戸内出身娘は未だに慣れずギョッとします。
でも日暮れ時、麓の町が薄暗くなろうとしている時に
山々の雪の白だけが、太陽の最後を受け取るかのようにピンクに染まって光っているのを見ると感動してしまいます。

a0123724_2121659.jpg

ああ、この頭たち全部にかぶせたい。。(妄想中)

a0123724_2121788.jpg

諏訪湖から覗く富士山を発見!

a0123724_2121863.jpg

湖面が氷っていて、水鳥が泳がずにちょんちょん歩いていました。

昔はスケートができるほど分厚く氷っていたそうです。

“御神渡り”という、氷結した湖面に亀裂が入り、蛇行するように氷がせり上がる現象もここ数年は見られていなかったようですが、今年は兆候があるようです。

a0123724_2153029.jpg

a0123724_2153169.jpg


[PR]
by toprobato | 2018-01-30 02:12 | しぜん | Comments(0)

小豆島~豊島 2

a0123724_11464279.jpg

a0123724_121477.jpg

a0123724_11464481.jpg

a0123724_11464424.jpg

a0123724_11464539.jpg

a0123724_11464661.jpg


小豆島の港に着いて最初に行った場所は、ブラタモリ来ないかなあ。。という地形と不思議な岩の場でした。
下から見上げるとうんざりするような階段を、これでもかというほど登っては、途中途中に見下ろす景色に励まされ目指した先にあったのは、今にも落ちそうで落ちないご神体なる岩
小瀬石鎚神社 重岩(かさねいわ)


大阪城はこの付近の山から切り出した石で建設されているようで、それだけにドライブ中は、山の上やなぜこんなところに?というほど大きな岩がごろごろ鎮座していたり、シルエットが独特な山が多かったです。

a0123724_13112449.jpg



[PR]
by toprobato | 2018-01-12 11:46 | しぜん | Comments(0)

白駒荘周辺

a0123724_1344686.jpg

a0123724_134479.jpg

a0123724_13584583.jpg

a0123724_1431663.jpg

a0123724_1431780.jpg

a0123724_1463821.jpg

a0123724_1463939.jpg

a0123724_1484131.jpg

a0123724_148429.jpg

a0123724_14232724.jpg

a0123724_1423284.jpg

[PR]
by toprobato | 2018-01-08 13:44 | しぜん | Comments(0)