ト・プローヴァト

toprobato.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ぼうけん( 52 )

旅を終えて。

a0123724_11361346.jpg

a0123724_11361483.jpg

a0123724_11361580.jpg

a0123724_1136154.jpg

ラオスへのショートトリップから帰ってまいりました。
船でメコン川を上がり、いくつかの村や洞窟、美しい滝を巡って象乗りツアーも体験してきました。

織物や蒸留酒、紙すきをして生活している村々は、日本もかつてはこうだったんだろうなぁと思わせる素朴な佇まいで、いつか行ってみたいと思っていたモン族の村や、蚕から絹糸を取り染色し、機織りしている村、綿花を紡いで機織りしている村、、手仕事の素晴らしい土地を訪ねることができたことは今でも夢のようです。

a0123724_11451988.jpg

a0123724_11451947.jpg

a0123724_1145201.jpg

この旅のきっかけになった、ラオス・モン族の刺繍にも出会うことができました。

生活風景そのままをカラフルに彩った刺繍……
家畜に餌をやっていたり、山から水を引いていたり、田畑で米やトウモロコシを収穫していたり、たまに猿に食べられて棒で追いかけていたり……
森の木々には果物がふんだんにぶら下がり、鳥たちや獣たちも生き生きと糸で描かれています。

いろんなシーンがあって、即興で選んだであろう色使いは一つとして同じものはなく、万華鏡のように人々の営みが伝わってきます。
帰ってからいろいろ調べてみると、この独特な世界は不自由な難民キャンプ暮らしから始まったことがわかりました。

山に暮らし、大麻を育て、繊維から布地を織り上げ、藍でろうけつ染めをして、細かなプリーツを作ったり、裾に刺繍を施して…などの工程を経て、婚礼用や一生ものの衣服を作るラオスのモン族。

質素な生活の中から、めいいっぱいのおしゃれ(文字の代わりを果たす表現、子孫繁栄などの祈り)=刺繍や機織りを代々受け継ぎ暮らしを彩る術を知っている人たちが、戦争の影響を受けながらもなお編み出してきた色、形があることに、またその世界がカラフルでユーモラスであることに心打たれています。



[PR]
by toprobato | 2018-06-12 11:36 | ぼうけん | Comments(0)

ルアンパバーン旅行記 1

a0123724_11102748.jpg

a0123724_11102744.jpg

富士の山を越え

a0123724_11123329.jpg

故郷上空を越え

a0123724_11102872.jpg

a0123724_11102999.jpg

ハノイからプロペラ機に乗り換えて

a0123724_11123362.jpg

ラオス、ルアンパバーンの宿に到着しました

a0123724_11123434.jpg
a0123724_11123517.jpg

朝、ボートに乗ってメコン川に揺られる心地よさ
到着と同時に聞こえてきたのは、リンリンと鈴虫のように鳴く虫
岸辺の草むらにたくさんいるのか、ボートに揺られている間ずっとかわいらしく響いている
ガイドのトォーさんに聞いてセミだと分かりました



[PR]
by toprobato | 2018-06-12 11:10 | ぼうけん | Comments(0)

初めましての国

a0123724_18164511.jpg

a0123724_18164646.jpg

もう少ししたら、ラオスのルアンパバーンへ3泊旅行に出かけてきます。

買い物をする時に、今使っている財布に反応されることがあります。
そんな時話しかけられ、ラオスの山岳民族・モン族のものだと判明したり、
アジアとの交流を終えた、栗コーダーカルテットのコンサートへ行った時、一緒にアジアツアーを巡りステージに立った“ビューティフルハミングバード”のボーカル小池さんが現地で調達してきた衣装にみとれて興味津々になったり(もちろん素敵な歌声にも)、“カオニャオ”というラオスの舞踊グループがなんともいえず愛らしくメロメロになったり、、

もともと先住民族の刺繍や織り布、いろいろな国の手工芸品が好きなのですが、今回は妙にラオスに呼ばれているような出来事が重なり、とうとう本場の空気に触れてくることになりそうです。

a0123724_18164756.jpg

a0123724_18164743.jpg

a0123724_18164682.jpg

野菜の種まきや、苗植えをして、帰ってきた時も楽しみなように。。

a0123724_1843103.jpg

行ってきます!
夏先取りだー!


[PR]
by toprobato | 2018-05-17 18:16 | ぼうけん | Comments(0)

山は苔

a0123724_10475064.jpg

a0123724_10475112.jpg

a0123724_10475223.jpg

a0123724_10495951.jpg

a0123724_1050037.jpg

ゴロゴロ岩に木の根の迷路、その上に覆い被さるように苔たち
どうしてこんな形になったんだろうね?
不思議がりながら歩きました。

a0123724_1050196.jpg

a0123724_10505226.jpg

a0123724_10505355.jpg




[PR]
by toprobato | 2018-05-14 10:47 | ぼうけん | Comments(0)

山は雪

a0123724_10313523.jpg

a0123724_10313696.jpg

a0123724_10313762.jpg

a0123724_10313748.jpg

岡山から友達が来たので白駒池のぐるりを歩きに行ってきました。
コースの3分の1くらいは、まだ雪が残っていて、苔たちの本番もまだまだこれから、、といった風景に2人でびっくりしながらも氷のアスレチックに夢中になっていました。

a0123724_10332235.jpg

a0123724_10332352.jpg

a0123724_10332481.jpg

a0123724_1034497.jpg




[PR]
by toprobato | 2018-05-14 10:31 | ぼうけん | Comments(0)

芽吹き

a0123724_8394776.jpg

a0123724_83948100.jpg

a0123724_8394980.jpg

a0123724_8405884.jpg

a0123724_8405917.jpg

a0123724_841077.jpg

a0123724_8424788.jpg

a0123724_8424716.jpg

ドライブをすると、あんなに閉じていたような冬が、開けていく季節に移り変わっているのを感じます。

長野へ引っ越して、2年目に突入する良き日にお出かけすることができました。
山の水は溶け出し、木の芽は芽吹き、桜の次に順番待ちしていた花たちが一斉に顔を出し始めています。

津金学校を訪ねて裏の神社で蚕の神さんを見つけたり、滝を探しに行ったり、旬のものを食べたり、、

一年前をよみがえらせながら、春のお喜びにひたることができました。


[PR]
by toprobato | 2018-05-01 08:39 | ぼうけん | Comments(0)

アルパカ牧場

a0123724_8131147.jpg

a0123724_8131295.jpg

a0123724_8131271.jpg

a0123724_8131369.jpg

アルパカ牧場へ行ってきました。

みんな顔が違う
歯は下の歯だけで、上の歯がないのだそう
いろんなしぐさや表情を見せてくれたり、寝てたり
中には寂しがり屋がいて、話しかけてくるのもいる
生まれつきの病気で足が三本になった子も一生懸命歩いている

a0123724_8151764.jpg

a0123724_8151833.jpg

a0123724_8151999.jpg

トイレは決まった場所で

a0123724_8283067.jpg

子供は好奇心で

a0123724_8283124.jpg

おばあさんは知らん顔で

いろんな顔
みんな愛らしい



[PR]
by toprobato | 2018-05-01 08:13 | ぼうけん | Comments(0)

御苑からアラスカの友人へ 2

a0123724_2239533.jpg

a0123724_22414561.jpg


a0123724_22582414.jpg

a0123724_2258251.jpg

a0123724_22582686.jpg

a0123724_2259536.jpg

出かけるならと、その日にある音(ライブやコンサート)を探したり、次の日にギャラリーを巡ろうと調べたりして、目新しい地でできることを行く前に探した。
本などで気になるスポットを見つけたら、ザックリとメモを取っておいて、どういうルートで行くかは後で検索しようとまず直感に従うようにした。

a0123724_22414628.jpg

a0123724_22582486.jpg

[PR]
by toprobato | 2018-04-02 22:59 | ぼうけん | Comments(0)

糸とヤッホー 2

a0123724_20435055.jpg

a0123724_20435131.jpg

a0123724_20435246.jpg

開けたところは360ºぐるりと八ヶ岳や日本アルプスが見渡せる景色でした。

旦那さまがバタンキューしている間に糸を転がす。
雪が柔らかくなっている所は、スボッと膝まで埋まる。

a0123724_2041489.jpg

a0123724_2041565.jpg

a0123724_2041617.jpg

a0123724_20521158.jpg

a0123724_20521299.jpg

a0123724_20521346.jpg

a0123724_21121592.jpg

a0123724_21121422.jpg

ここで溶けた雪が流れてきていたのかもしれない。。
去年引っ越して来たばかりの頃、どこへ出かけても川の音が聞こえてきて、それはせせらぎとはもはや言えない水量の音なのでびっくりしたことを思い出す。

山を見れば見るほど、山を体験すればするほど、腑に落ちること、命の一部分にいること教えられているような気がします。




[PR]
by toprobato | 2018-03-02 20:43 | ぼうけん | Comments(0)

糸とヤッホー

a0123724_20161587.jpg

a0123724_20161613.jpg

a0123724_20161683.jpg

春の嵐が去り、晴れてオーガニックバザール始まりました。
本日お越しくださったみなさまありがとうございました。

前々日スノーハイクをしてきたので、まずその時の模様をレポートさせていただきます。

始めはなだらかな登り坂で、動物の足跡クイズのようになりながら林の中を進みました。

たぶん、写真3枚目はウサギじゃないかと。。

a0123724_201617100.jpg

a0123724_20183044.jpg

a0123724_20183135.jpg

途中から急斜面になり、雪が溶けてズルズルに滑るデンジャーコースが現れ、スノーシューを脱いでロープづたいに必死で登る場面も。
でもそういう場所は短く、すぐに開けたところに出ることができたのでホッとしました。
紡ぎたての糸たちにも同じ景色を見せてあげる。。

a0123724_20183244.jpg

a0123724_2019164.jpg



[PR]
by toprobato | 2018-03-02 20:16 | ぼうけん | Comments(0)