ト・プローヴァト

toprobato.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ぼうけん( 64 )

シーズンスポット!

a0123724_21123246.jpg

ラム、ラム、ラムー、、
羊は助走中。。
出没スポットが決まりつつあります。
シーズンのお知らせをさせてくださいませ。

10/7 雑司が谷手創り市(東京)
10/20~28 暮らしの道具FRANKにてグループ展(岡山)
10/21 サンデービルヂングマーケット(岐阜)
10/26~28 八ヶ岳クラフト市(長野)
10/27~11/24 おかんハウスにて個展(大分)
11/13~18 Roonee 247にて個展(東京)

大分“おかんハウス”さんは初めての場、Rooneeさんも、FRANKさんも移転してから初めての場になり、新鮮な気持ちで準備させていただいています。
ノキロアートネットさん、ukAさんにも納品しています。

お近くでお会いできると嬉しいです。
今シーズンも、どうぞ羊をよろしくお願いいたします。


a0123724_21123373.jpg

a0123724_21211741.jpg

a0123724_21211877.jpg

a0123724_21211844.jpg

a0123724_21553086.jpg



[PR]
by toprobato | 2018-09-26 21:12 | ぼうけん | Comments(0)

ルアンパバーン・フードフード! 2

a0123724_16512547.jpg

何やらわからない乾物…

a0123724_16512587.jpg

新鮮お野菜を見るとなんだか元気が出る。

a0123724_16495126.jpg

a0123724_16495284.jpg

a0123724_162155.jpg

念願のジャックフルーツを切ってもらっておやつにする。

a0123724_17101539.jpg

トォーさんが家用にマンゴーを買っていると思ったら、私たちにもおすそ分けしてくれた。

a0123724_17101676.jpg

この実もちょっと美味しそう。

a0123724_17101633.jpg

お茶になる実もあるみたい。

a0123724_17101734.jpg

枝ごとライチにも挑戦してみよう。
ホテルでのおやつタイムが楽しみになった。

a0123724_17113554.jpg

小さなトウガラシや、何に使うのかな?っていう薬味類や野菜が気になった。

a0123724_17113588.jpg

フクロウの子供はどうやら食べる用じゃなく、ペット用に売られているみたいで、ちょっと安心。

a0123724_17113654.jpg

カメムシはどうやって食べるのやら、、カリッと揚げるのかな、、


a0123724_1711364.jpg

現地の食文化を新鮮に受け取った。
日本と似ているところと、まったく違うところはあっても、食べるって源、美味しいって素晴らしい!


[PR]
by toprobato | 2018-09-23 16:51 | ぼうけん | Comments(0)

ルアンパバーン・フードフード!

a0123724_16473822.jpg

はちみつ、いもむし、バナナ

a0123724_16473881.jpg

パクチー、バナナの花、ナス

a0123724_16473978.jpg

キノコ、いもむし

a0123724_16474098.jpg

川魚

a0123724_16495070.jpg



a0123724_16495168.jpg

ヤマアラシ、カエル、ナマズ、いもむし

a0123724_16512799.jpg

水牛ソーセージ

a0123724_16512640.jpg

カニ、バナナ、レモングラス


[PR]
by toprobato | 2018-09-23 16:47 | ぼうけん | Comments(0)

ルアンパバーン旅行記 10

a0123724_15572372.jpg

朝焼けの時間に始まった托鉢体験。

a0123724_15524692.jpg

a0123724_15524698.jpg

a0123724_15524726.jpg

お坊さんたちの肩から下げた入れ物の中に、炊かれたカオニャオ(もち米)を少しずつ指でひとかたまりにして入れていく。
お坊さんたちはこれを後で分け合って食べるのだそう。

笹ちまきのようなものを私のカオニャオ入れにドサッと入れてきたお坊さんがいた。

a0123724_15524539.jpg

トォーさんに聞くと、みんな分け合う精神だからもらっていいと言う。
充分足りているお坊さんはくれることもあるのだそう。
ちょうど3つあったちまきを3人で食べた。
バナナが添えられたもち米は、ココナッツの味がして美味しかった。

a0123724_1615947.jpg

a0123724_1557242.jpg

a0123724_15572593.jpg

カオニャオ入れが空になると、地元の人たちの托鉢の様子を見学しながら散歩した。
地元のおばちゃんやおばあさんは、ずいぶんと熱心に、お坊さんたちを敬うように頭を垂れ、カオニャオを配っていた。

これが毎日の光景なんだな。
ラオスの人たちの信仰心、清々しい一日を送るための儀式(習慣)、とても美しいなと思った。

a0123724_162039.jpg

a0123724_162060.jpg



[PR]
by toprobato | 2018-09-23 15:57 | ぼうけん | Comments(0)

ルアンパバーン旅行記 9

a0123724_151013100.jpg

クアンシーの滝

a0123724_15101334.jpg

a0123724_15101412.jpg

a0123724_1513194.jpg

日中は観光客がたくさん訪れ、ビキニの欧米人たちでにぎわうところらしかったが、夕方遅めの時刻に到着したのでゆったりと散歩できた。

a0123724_15275993.jpg

a0123724_15275927.jpg

トォーさんが下流の穴場を教えてくれる。
サンダルに履き替え、足をつけてジャブジャブと下半身水遊びを楽しむにはもったいないくらいの美しい水場。

a0123724_15280100.jpg

a0123724_15301671.jpg

ルアンパバーンにまた旅行することがあれば、また訪ねてみたい場所です。

a0123724_15301771.jpg



[PR]
by toprobato | 2018-09-23 15:10 | ぼうけん | Comments(0)

ルアンパバーン旅行記 8

a0123724_14401445.jpg

a0123724_1513089.jpg

モン族の村に到着。
大人たちは焼き畑に出ている時間だから子供が多いと思うよ。とトォーさん。
それでなくても、子供が多い村らしい。

a0123724_14401684.jpg

a0123724_14401690.jpg

a0123724_144429100.jpg

a0123724_1513098.jpg

ニワトリがいるね。

a0123724_14421386.jpg

髪の毛を外で洗うんだね。

a0123724_14443114.jpg

木工職人だね。

a0123724_14421512.jpg

ブレスレットを外で編んでるね。

a0123724_14421470.jpg

a0123724_14483859.jpg

いろいろな生活だね。
見せてくれてありがとう。


[PR]
by toprobato | 2018-09-23 14:40 | ぼうけん | Comments(0)

ルアンパバーン旅行記 7

a0123724_1018252.jpg

a0123724_1018254.jpg

a0123724_10182658.jpg

a0123724_10182766.jpg

a0123724_1022380.jpg

a0123724_1022466.jpg

なんとなく、ラオス・モン族の刺繍に惹かれ訪ねることになった場所で、思いがけずたくさんの手しごとに出会うことができている。

NO手しごと NOライフ

a0123724_1022557.jpg

a0123724_1022563.jpg

a0123724_10231238.jpg

手しごとフォーエバー。。。

私は祈る。。。



[PR]
by toprobato | 2018-08-31 10:18 | ぼうけん | Comments(0)

ルアンパバーン旅行記 6

a0123724_9521151.jpg

a0123724_9521225.jpg

a0123724_9521317.jpg

a0123724_9541380.jpg

a0123724_954143.jpg

a0123724_9541485.jpg

a0123724_9541525.jpg

船旅はここで終わりです。とトォーさんに言われ、たどり着いたのは絹織物と紙すきの村。

a0123724_109558.jpg

a0123724_1096100.jpg

a0123724_10967.jpg

a0123724_10979.jpg

[PR]
by toprobato | 2018-08-31 09:52 | ぼうけん | Comments(0)

ルアンパバーン旅行記 5

a0123724_017349.jpg

a0123724_017476.jpg

洞窟は、船着場から川に面したところと、坂と階段を登った先と2ヶ所あった。

プルメリアの花が道案内してくれるように落ちていて、自然と落ちたというよりは、儀式の後のような感じがしたので、南国へ来ている感覚と同時に、ラオスの人の信仰の厚さを肌身に感じた。

洞窟の中は真っ暗で、懐中電灯を入口で貸してもらって見学した。
とても古い壁画が残っていたり、朽ちた仏像がそのままたたずんでいたり、一部直されていたりした。

a0123724_23515828.jpg

a0123724_23515939.jpg

a0123724_2352044.jpg

a0123724_2352079.jpg

a0123724_017216.jpg

a0123724_2356329.jpg

a0123724_23563393.jpg

a0123724_23563443.jpg



[PR]
by toprobato | 2018-08-20 00:17 | ぼうけん | Comments(0)

ルアンパバーン旅行記 4

a0123724_21573383.jpg

a0123724_22572731.jpg

a0123724_22572781.jpg

a0123724_22572852.jpg

a0123724_22572959.jpg

a0123724_235634.jpg

a0123724_235790.jpg

a0123724_235722.jpg

a0123724_23589.jpg

メコン川を25kmほど上ったところにパークウー洞窟はあった。
階段を登って、マリーゴールドのお供え物をした。
私はなぜか日本の五百羅漢に惹かれるものがあり、九州や兵庫の山奥や片田舎を旅したことがある。
その時のことを思い出したり、トォーさんの説明を聞いているうちに仏像たちのシルエットが浮かび上がってきて、グッとそのどこまでも連なるような像に心だけが引き寄せられ、熱いものが込み上げてきた。
なんだか許されているような気がしていた。
なんで先っちょとんがっているもの作っているんだろう?と謎のまま帽子を作っていることも、この場にすっかり肯定されているような、そのままでいいよと言ってもらっているような気がした。


[PR]
by toprobato | 2018-08-19 23:05 | ぼうけん | Comments(0)